Karikomu

「かりこむ」は、八雁短歌会員を基とした短歌を学ぶ場です。

第七十四回 『傑作歌選第二輯 武山英子』武山英子

第七十四回 『傑作歌選第二輯 武山英子』武山英子(大正四年)
<選歌10首>(全197首より)

 

寵さめて凭(よ)るにさびしき朝の窓何の傲りぞ緋牡丹の花

幣(ぬさ)を手に雁を見おくる人わかし加茂のやしろの秋の夕ぐれ

湯あがりのかたちつくろふ夕かがみ対(つゐ)の浴衣(ゆかた)や桔梗白萩

見まつりし際(きは)の心をかげ遠き哀(かな)しみの日におぼえぬるかな

客間より父の語らふこゑ高くあたりしづけき秋のひるかな

はなれゆくものある如し夜の胸におちゐて風の音をききえず

新しき壁のにほえる夜の室にくだものの香の青くまじれる

つと家の者をはなれて海見ゆる黒木柱によればつめたし

たそがれになれば日毎にいづる風この音(おと)なりわれに涙をしふるは

人人のそしりの的(まと)にならむとて着飾れる夜のわがすがたかな

 

〈メモ・感想〉

明治14(1881)年1月2日~大正4(1915)年10月26日没(34歳)。金子薫園の実妹。何とも良い歌に出会えてよかったと思っていたら、金子薫園の妹と知り合点がついた。大事な歌人として心に秘めておきたい。

【参考・引用文献】 『現代短歌全集』第三巻  筑摩書房(1980)

第七十三回 『濁れる川』窪田軽穂

第七十三回 『 濁れる川』窪田軽穂 (大正四年)
<選歌17首>(全1011首より)

麦のくき口にふくみて吹きをればふと鳴りいでし心うれしさ

麦の穂のしらしらひかり春の日のたのしかりし今日も終らんとすぞ

生まれては初めて見るとまさやかに青き五月の天(あめ)と地(ち)を見つ

初夏(はつなつ)の真夜中の路われ行きつ行くべき路を忘れたりけり

わが眼よりとはに消えゆく人として胸に浮かべつ友のおもかげ

いつかまた我と我が身にうちむかひ同じ事をばつぶやきてゐる

机うちて我とわめきつ故知らぬ憤(いきどほ)ろしさ胸にあまりて

こころみに吹いて見ぬればわが笛はほろほろと鳴りてただあはれなり

さみしさが連れいだしけん人あまたさみしき人の我に寄り来つ

死をばわれ胸にとらへて見かへればいとさやかにも胸に入り来も

秋の風つめたく吹くにわがカンナ見よいやはての花びらをはく

わが心燃ゆると見ればうつくしく見えてむらがるもののまぼろし

人は皆ふたりして棲む紅蓮洞五十路(いそぢ)を近みただひとり棲む

この谷にうたひだしつ鶯のわれとその音(ね)に驚くものか

ここに立ちて電車を待つもこの店に煙草を買ふも久しきにわれ

しとしとと若葉うちてはふる雨の音ききをり心うれたみ

見てあれば空なる月のただ一つありとし見えてものすべて消ゆ

思ひ入ればあはれによわき我というふもの見え来り息づかしもよ

〈メモ・感想〉

第二歌集(作者38歳時)。1877年(明治10年)6月8日 - 1967年(昭和42年)4月12日)。長野県出身。

【参考・引用文献】 『現代短歌全集』第三巻  筑摩書房(1980)

第七十二回 『切火』島木赤彦

第七十二回 『 切火』島木赤彦 (大正四年)
<選歌8首>(全263首より)

女一人(ひとり)唄うたふなる島踊りをどりひそまり月の下に

椿の蔭をんな音なく来りけり白き布団を乾(ほ)しにけるかも

バナナの茎やはらかければ音もなし鉈(なた)をうち女なりけり

まばらなる冬木林(ふゆきばやし)にかんかんと響かんとする青空のいろ

かへらんと今は嘆けれ青空に煙草ふかして見やりけるかも 

さ蠅らと寄りあひて住める六畳の空気にたまる夕日の赤さ

わが家にこのごろ火をも焚かざれば一人物を書き夕ぐれにけり

小石川富坂上の木ぬれにはここだも通る夜の雲かも

小夜ふけて聞ゆるものは遠街(とほまち)の電車もやみて雨ふるけはい

〈メモ・感想〉

第二歌集(作者39歳時)。1876年(明治9年)12月16日 - 1926年(大正15年)3月27日。長野県出身。

【参考・引用文献】 『現代短歌全集』第三巻  筑摩書房(1980)

第七十一回 『明る妙』尾山篤二郎

第七十一回 『 明る妙 』尾山篤二郎(大正4年)
<選歌7首>(全388首より)

曙の風のあゆみもはろやかにさてこそ山はそびえたりけり

ながれよりかなしみ来るながれより鋭(と)きかなしみの色てりかへす

わが杖木、真冬のまさごつくなべにくやしくあとぞのこされにける

わがくしき心のきほひゆりおこしいたましき夏の花さきにけり

わが室(へや)にとふものなかれわが室(へや)はこのあさ陽(ひ)てりかげるものなし

すつきりと閉(き)せし玻璃戸(はりど)の青むかな真向(もろむき)に風はすさびやまなく

まつかうにながるる山は赤城山ふもとの木叢(こむら)それかとも黒し

〈メモ・感想〉

第三歌集(作者26歳時)。1889年12月15日‐1963年6月23日歿(73歳)。金沢出出身。心情を風景の描写に乗せて詠っていると思われた。言葉の運びが独特で、オリジナリティな言葉の運用をしていると感じられた。風景の描写を思わぬ角度から導入している点に、強く感心した。     

 

【参考・引用文献】 『現代短歌全集』第三巻  筑摩書房(1980)

第七十回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(27)ー『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)に学ぶ⑬

第七十回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(27)ー『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)に学ぶ⑬

 

ー基盤模索時代(1)ーp131

 『白鳳』の後記では、佐美雄は「かへりみると昭和四、五年の二年間はだいたい作歌を中止している」「昭和六年になつて「短歌作品」といふ小歌誌をはじめたのでまたぼちぼち作り出した」とある。

 雑誌「短歌作品」は休刊し続けており、昭和九年六月、雑誌「日本歌人」を始めるまでは、作歌活動はとぎれがちに続いていた。読みようによっては『植物祭』から『大和』への移行期の作品を集めたのが『白鳳』であるともとれる。             

 この時期には、佐美雄はシュールレアリスムやプロレタリア短歌から離れた立場を掲げていただけに、シュールレアリスムを取り入れた『植物祭』(第一歌集)は、一回性の斬新さでなければならず、『植物祭』の成果の大きさ故に次の一歩はよりむずかしいものになったと考えられる。

 佐美雄は、そうした個人的文学課題に密接に関係して、「心の花」という母体を離れて、自分の基盤となる短歌集団の形成について模索していた。

 それが『白鳳』の背景であり、佐美雄自身も「昭和九年ごろまでは十分作歌に打ち込むだけの余裕をえてゐない」と述べている。

 ・昭和6年1月 「短歌作品」を創刊

 ・昭和8年春  「カメレオン」の出発

 ・昭和9年6月 「日本歌人」を創刊

(*「短歌作品」は佐美雄を中心に石川信雄、木俣修、斎藤史らが創刊同人として集まったもので、木俣自身『定型を守持する芸術派がはじめて集合した雑誌』とのべている)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【参考・引用文献】 
『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)

 

*次回は、昭和6年9月18日に起きた柳条湖事件を背景にした文化運動を含め、上記の「日本歌人」創刊までを要約します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第六十九回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(26)ー『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)に学ぶ⑫

第六十九回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(26)ー『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)に学ぶ⑫

 

『白鳳』の世界—シュールレアリスムの内面化 p126

1、《野》の発見

 

    野にかへり野に爬虫類をやしなふはつひに復讐にそなへむがため

   

  『白鳳』の巻頭歌である。ここでは、復讐にそなえるためのものは、『植物祭』に出て来た「蛇」ではなく「爬虫類」となっている。それは、「つひに」といった復讐心の根深さと関係があるだろう。この復讐心は一過性の感覚的なものではなく、心底からのものであり、時間的に風化するものではないということ、その気配は、「蛇」から「爬虫類」と抽象化したところに帯びている。『白鳳』の巻頭歌は、『植物祭』の世間に対する否定感情をより内在化した感じがある。心の中に根を下ろし血肉化した感情の発した復讐心といったものである。

 では、その復讐心は何に向けられたものなのだろうか。「野にかへり野に爬虫類をやしなふは」と繰り返し強調する「野」の設定が、都市文化、近代への憎悪と考えることは出来るが、そこに特定してしまうと、復讐心の根深さの意義が痩せてしまうように感じられる。大切なことは、揺るぎない復讐心が「野」に結びついたこと、である。自身の立脚点として、佐美雄は「野」という場を発見した。これが『白鳳』一冊の最も大きな意義である。この意義を巻頭歌は、象徴的にあらわしている。

 

  いきものの人ひとりゐぬ野の上の空の青さよとことはにあれ

  青空を低めてわれを神にする術(すべ)もあれよと野の上にいのる

  百年の夢をむさぼる野良の身はつひに植物のましろさとなれ

  植物はいよいよ白くなりはててもはや百年野にひとを見ず

 

 引用歌全体から浮かびあがってくるのは深い喪失感である。何を失ったのかは分からないが、一首目の人気のない野にいる自身の孤独を見つめる内省性、二首目の「青空を低めて」とくる不逞な表現に、『植物祭』が確かに生きながらも、シュールレアリスムの方法の露出ではなく、自然に身に馴染んだ表現法の内面化を思わせる。

 『白鳳』の佐美雄の歌は「私」の内面を風景化しようとするモチーフが強く流れている。ひどく抽象的でありながら十分に心的な表出を感じさせる。それを何かを見失った者の深い困惑とすれば、その困惑さがシュールレアリスム的なもの言いと結びついた厚味、それらが『白鳳』の魅力である。

 佐美雄は常に見えないものを見続けた歌人だった。「野」は見えないものを遠望するための場所として佐美雄に不可欠のものであった。遠望の場所、自問自答の場所である「野」は、『白鳳』における作品によって発見された。

 

  下記、結びの二首である。

 

  野にかへり春億万の花のなかに探(さが)したづぬるわが母はなし

  億万の春のはなばな食べつくし死にたる奴はわれかも知れぬ

 

 一首目、わが母は億万の花々のどこにも居らず、私は花々の中に自分さえも見失ってしまった、そんなふうに読める。二首目は、自分を客体化しながら行なう自己批評であることが確認できる。

 この例歌だけでなく、『白鳳』はもっと抽象的な場面が提出されていて、その抽象性から滲みでるものを受け取とることが大切である。歌自体がそれを要求しているともいえる。

 「わが母はなし」、「われかも知れぬ」という感知、こうした不安定な自問自答が「野」と結びついている点が、最も興味深い。もろともを呑み込んだ「野」の奥深さを発見した時、佐美雄の自問自答は『植物祭』からはっきり踏み出したといえる。

 最後になるが、この抽象的でしかも内面的な「野」が佐美雄の作品に登場するのは、『植物祭』刊行の半年後の昭和6年1月である。つまり、製作時期は、世間では『植物祭』が天才論でボルテージを上げていた頃である。こうした血気盛んな時期に、佐美雄は、抽象的ではあるが実質的で内面的な「野」という場所が用意されていた。この経緯に、佐美雄の詩人としての冷静さを見るべきである。 

 

  【参考・引用文献】 
『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)

   

第六十八回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(25)ー『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)に学ぶ⑪

第六十八回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(25)ー『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)に学ぶ⑪

 

『白鳳』の世界—シュールレアリスムの内面化 p126

  『白鳳』は佐美雄の本としては目立たない歌集である。内容的に地味だということではない。出版経緯がこの歌集を目立たないものにしたということである。

 ・昭和5年7月 『植物祭』・・・(2)

 ・昭和15年8月  『大和』・・・・(4)

 ・昭和16年7月  『白鳳』・・・・(3)

 ・昭和17年3月  『天平雲』・・・(5)

 ・昭和18年1月  『春の日』・・・(1)

 上記が、佐美雄の歌集を刊行順にしたものであり、()括弧内が収録作品の制作年順を示したものである。処女歌集を『植物祭』にしたのは正解であっただろう。第二歌集は質的なレベルにしても『白鳳』でもおかしくはない、けれども、佐美雄は『白鳳』を飛び越して『大和』を先に世に出した。処女歌集から十年後に出す第二歌集として、より新鮮で最近作でと考えたのだろう。『大和』の後記で「第二歌集『白鳳』につぐ第三歌集に相当する」と断りが入っているものの、読者の方は、『植物祭』→『大和』という変化の中で受けとるわけで、これは大変に刺激的な変化であり、劇的な変化を考えると、『大和』を第二歌集として選んだのは正解というべきだろう。

 しかし、『植物祭』の次の展開を担っていたはずの『白鳳』は、作者の判断として後回しにされた認識を読者が持ち、それが『白鳳』を脇役的な印象と結びつかせた。けれども、『白鳳』は脇役的な歌集ではない。『植物祭』のような極めて特殊な魅力、一回生な世界、から、佐美雄がどのように次の一歩を踏み出したのか、その独自の魅力と意味を持つ歌集である。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回は、『植物祭』から『白鳳』へ、歌がどのように変化したのかを述べます。

*参考までに個人研究の振り返りとして、過去の投稿記事を下記に再掲載します。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017-12-31
第二十一回 私はなぜ前川佐美雄が好きか(4)
第四回 (1)歌集『白鳳』より選歌と感想 (2017.1.22)
前川佐美雄 第3歌集『白鳳(はくほう)』(1941・全410首)より28首
*第3歌集『白鳳』は、第2歌集『大和』(1940)以前に作歌された歌をおさめている。
〈選歌二十八首〉
  いきものの人ひとりゐぬ野の上の空の青さよとことはにあれ
  百年の夢をむさぼる野良の身はつひに植物のましろさとなれ
  野のはての樹きに縛しばられた千年せんねんのうらみはいまにきつと報いる
  今はもう陽ひに蹠あしのうらをむけながら生きてはをれどかなしくもなし
  あの雲に二度包つつまれぬ我なるをおもへばかなし日の下もとにゐる
  夜の更けは枕辺にある花のなかにまだ死なぬ我の魂たまやすみゐる
  いつか知ら落おとした時計が見つかって今年は春が速はやまはりする
  アパートの中庭に五月の花が咲きもはやもの憂うい晝ばかりつづく
  このやうにまつ暗な街を歩きつついかにきびしく眼をひらきゐる
  氣ちがひになつて見たいと思ふ日の空の青さよくらくらとなる
  まつ靑な空のある下に生い立つて世にもやさしき遊びをぞする
  うなだれた花花のそばを歸るとき三千世界にただわれひとり
  海のなかへ命いのち投げたがどうしても頭が浮くのでわらひはじめた
  夜になるとかうしてしづかに眠るなり我に嬬つまといふものもなく
  山といふ字を書けば山が見えて來る故郷の山の白いかなしさ
  あかときの空にまつ白に舞ふ鳩のほがらかさには負けてしまつた
  ピストルは玩具といふこと知りながらどんどん菖蒲あやめの咲く池に撃うつ
  よろめいて歩きゐるとも朝なればのびるわが影はうたがひもせぬ
  犬つれて林のなかを歩きゐるかかる氣晴らしがいま何ならむ
  如何ばかり美しかるもたのしまず野山に淚ながしてかへる
  かなしうも何もないのに泣けて來くる籠こもりてをれど今日晴なれば
  北面の壁にむかひて寝起すればすでに不幸はさだめに似たり
  すさまじく音をたてて星のながれたるその夜は蝮まむしも地つちにこもりぬ
  億萬の夢ありやなしや地のうへにたつた獨ひとりぞといつか思へる
  まつぷたつに割れてゆく時間の底にありてあの顏が今はげに遥かなり
  夕ぐれはもう河のやうに騒がしくわが家やのうちを流れはじめる
  どことなく網や針金が光なりひと一人をらぬ午後の草はら
  くづれ落ちた土塀のうへの野鴉は遠方の夕日見てる氣がせぬ
  日が暮れてまたかへり來ぬ生きがたく庭石の下したに泣き叫びつつ
  
〈感想〉
 1935年(昭和5年春)~1935年(昭和10年)に作歌された歌を納めている。
 13首目、「海のなかへ命いのち投げたがどうしても頭が浮くのでわらひはじめた」この一首が、もし仮に、2017年現在の若者が詠んだ歌だと紹介されたらどうだろうか。
 どうして、前川佐美雄は、ここまで想像できるのか。その想像が尊重されるのか。あるいは、実際のことであっても、どうして、歌の中で、佐美雄は「跳ぶ」ことが出来るのか。
 その一つに、前川佐美雄の特異な孤独さ、が挙げられる。相聞歌が少ない。誰かを余り求めていない。そもそも、一人きりの世界の中に、草花や社会や、ピストルや犬猫があり、世界の中に居る自分の社会的立場をほぼ顧みていない。つまり、「妄想」として佐美雄は、これらの歌を、ある程度体感して歌っていたのではないだろうか。
 そこには、空想や虚構、造語を駆使した様な「(自分のことを分かって欲しいための)虚勢」はない。
どうにか自分の思い、自分の感じる世界を、他人とは異質な感覚を通しながらも、五七五七七を用いて、真っ直ぐに伝えたい、その様な、魂の叫びを感じる。定型は発想の自由すぎる佐美雄の歯止めとなっていると、筆者は考えた。
 そこには、どこかからの借り物の言葉を足したり引いたりする作業でもなければ、表現の自由なのだから分かってくれなくてもいいですといった開き直りもなく、歌を手土産に誰かと繋がろうという欲もない。
 本当に何かを伝えたい、「跳ぶ」ことの出来る、表現者としての孤独が感じられる。
キーワード:リアリティ                   (文責 関口)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 【参考・引用文献】 
『前川佐美雄』三枝昂之 五柳書院(1993)