Karikomu

「かりこむ」は、八雁短歌会員を基とした短歌を学ぶ場です。

現代短歌全集を読む 第三巻

第七十四回 『傑作歌選第二輯 武山英子』武山英子

第七十四回 『傑作歌選第二輯 武山英子』武山英子(大正四年)<選歌10首>(全197首より) 寵さめて凭(よ)るにさびしき朝の窓何の傲りぞ緋牡丹の花 幣(ぬさ)を手に雁を見おくる人わかし加茂のやしろの秋の夕ぐれ 湯あがりのかたちつくろふ夕かがみ対(…

第七十三回 『濁れる川』窪田軽穂

第七十三回 『 濁れる川』窪田軽穂 (大正四年)<選歌17首>(全1011首より) 麦のくき口にふくみて吹きをればふと鳴りいでし心うれしさ 麦の穂のしらしらひかり春の日のたのしかりし今日も終らんとすぞ 生まれては初めて見るとまさやかに青き五月の天(あ…

第七十二回 『切火』島木赤彦

第七十二回 『 切火』島木赤彦 (大正四年)<選歌8首>(全263首より) 女一人(ひとり)唄うたふなる島踊りをどりひそまり月の下に 椿の蔭をんな音なく来りけり白き布団を乾(ほ)しにけるかも バナナの茎やはらかければ音もなし鉈(なた)をうち女なりけ…

第七十一回 『明る妙』尾山篤二郎

第七十一回 『 明る妙 』尾山篤二郎(大正4年)<選歌7首>(全388首より) 曙の風のあゆみもはろやかにさてこそ山はそびえたりけり ながれよりかなしみ来るながれより鋭(と)きかなしみの色てりかへす わが杖木、真冬のまさごつくなべにくやしくあとぞの…

第五十七回 『蹈絵』白蓮

第五十七回 『蹈絵』白蓮(大正四年)<選歌8首>(全319首より) われといふ小さきものを天地の中に生みける不可思議おもふ 蹈絵もてためさるる日の来しごとも歌反故いだき立てる火の前 吾は知る強き百千の恋ゆゑに百千の敵は嬉しきものと 天地の一大事とな…

第五十六回 『潮鳴』石榑千亦

第五十六回 『潮鳴』石榑千亦(大正四年) <選歌8首>(全377首より) 天も地もしめりもちたる曇り日に 白樺の木の目にきらきらし 旅にして剪りたる爪の 黒くなりて又剪りぬべく 日数経にけり 日は暮れぬ 山も 野も 海も見えずなりて 帰るべき家のただ目に…

第五十五回『生くる日に』前田夕暮

第五十五回 『生くる日に』前田夕暮(大正三年) <選歌九首>(全534首より) わが行くはひろき草場のはつ冬のうす日だまりぞ物思ふによし 塚(つか)の如くつまれし草に火を放て焔ちぎれて青空にとべ 走り行く舗石(しきいし)の上、走り行く深更(しんか…

第五十四回 『夏より秋へ』與謝野晶子

『夏より秋へ』與謝野晶子(大正三年)<選歌十二首>(全 767 首より) 琴(こと)の音(ね)に巨鐘(きよしよう)のおとのうちまじるこの怪(あや)しさも胸(むね)のひびきぞ 人(ひと)の世(よ)の掟(おきて)の上(うへ)のよきこともはたそれならぬ…