Karikomu

「かりこむ」は、八雁短歌会員を基とした短歌を学ぶ場です。

本日の一首 ー 詠み人知らず

凍てつきし道げに寒く一人行く一人追いつく冬風のなか

   詠み人知らず

 初恋だったと思う。高校の夏休みの課題で、短歌を五首作る宿題が出た。提出後、古典の先生に呼び出され、「毎週十首、短歌を作って来なさい」と言われた。生徒指導担当の恐い先生に言われて、「はい」としか言えなかった。そのうち、大磯で行われた西行祭という歌会(?)を初めとして、「(大磯に)ついて来なさい」と言われ、「はい」としか言えず、何回か歌会に伺った。当時は、何もかも全く知らないままであったが、今亡きその先生は、『太陽の舟』という結社に属し、熱心に作歌を続け、歌会に臨まれていたと思われる。

 全くの貴重な機会であったとはまるで察しがつかず、同級生のからかいもあって、その期間は、わずか一年半程で終わった。

 上記の歌は、その歌会に欠席なさっていた方の、詠草である。欠席だったので、板書されただけであったが、絶える事無く、未だ、新しい感動をもたらしてくれる一首である。「この歌の様な歌ならば、短歌を続けたい」と言うと、「随分と高望みだな」と、その古典の先生が苦笑いした。

 受験勉強を理由に短歌の提出を断り、それから、二十五年近く経つ。

 それでも、音楽、映画、絵画、写真、詩、小説・・・・・・に、この歌が埋没することは無い。

 この歌を、一枚の大事な絵葉書の様に、思い起こして来た。

 今ある私の、決して頑健ではない覚悟を、この歌は照らす。

 私の言葉が、短歌と成ります様に、成り続けます様に。

 短歌の美、それを教えてくれた、初めての歌である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の一首 ー 永井亘(復刻版)『第88号 現代短歌(「第九回 現代短歌社賞発表」)』を読んで。

生きるとき死体はないが探偵は文字をひらめく棺のように
 「静けさの冒険」永井亘 p32(瀬戸夏子 選) 
 
 そもそも、新人賞とは何を指標としているのであろうか。「目新しさ」が最優先基準なのだろうか。そうであれば、なぜその作品が「新しい」のか、その「新しい作品」にはどの様な「新しい養分」が含まれているのか。果たして、その養分はどこから吸収されたものなのか。
 目新しさの話ならば、古くは、○○文学賞で原稿用紙に一枚に斜め書きに文章を書き連ね、名前だけでも選考委員の目に留まる様に、応募要項内の限りを駆使し、目立とうとする話を思い出す。
 今回の、「第九回 現代短歌社賞発表」の受賞作二作品の内、私が引っ掛かったのは、永井亘氏の『静けさの冒険』の、「作品」ではなく、「受賞のことば」にあった。無論、私自身が、現時点で呼ばれている、口語短歌、00世代、に対して、和歌から始まる五七五七七へのリスペクトが欠如している、という強い先入観を抱いている事を認めておく。
   なんやかんや言いながら、永井氏は率直に、「どうして作品を賞に出そうと思ったのか。賞品の歌集五百部が目的でした。自分の歌集を出したい、できる限り低予算で、……」と述べられている。氏はどこかの結社に所属することなく、2018年より2020年までウェブサイトでペンネームで、自分の歌を載せていたそうである。
 どうして、ウェブサイトでは飽き足らず、「歌集」を出したくなったのか。
 なぜ、「自由詩」ではなく、「短歌」の方へ歩み寄っていったのか。
  続く言葉にこうある。「私のような孤立した作者は、この雑誌以外ではデビューできなかったと感じました。僥倖でした。と言いつつ、私は自分の作品が受賞しないはずはないと、確信を抱いてもいたのですが。」〈略〉「作品は、本は、作者の意思とは無関係に、独立した力を持つでしょう。」。
 氏は、とっくに「『短歌』に救われている孤立した私」に気が付いているだろう。
   いつか、いつか、いつか、あなたは、今のあなたそっくりの若者に、同じ言葉を突き付けられるかも知れない。そして、その若者は、あなたの「歌集」を読んでいないかも知れない。
 けれども、私は、
 その時の、あなたの「歌」を読みたい。
 その時の、あなたの「短歌」を読んでみたい。
 「その時のあなた」の為の受賞だったと、「作品」を読みました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日の一首 ー 『第88号 現代短歌(「第九回 現代短歌社賞発表」)』を読んで。

 

<第九回現代短歌社賞>

受賞作品(同時受賞・二作品)

母逝きしこの世の冬の夕空をこゑはろばろと白鳥わたる                          

在りし日の父母を思ひてわれら亡き後をし思ひ仏具を磨く                        

近づきし白鳥のこゑこの丘にしばし響きてふたたび遠し 

打矢京子『冬芽』p24-29(阿木津英 選)

 

晴れた日のスノードームは輝いてもう残酷な不機嫌ばかり                                               

百人のサンタクロースのプレゼントを入れても大丈夫な靴下を履く

永井亘『静けさの冒険』p32-35(瀬戸夏子 選) 

 

<選歌・感想>

 私は、今言われている「口語短歌」、「ゼロ世代」の短歌が、本当に分からずにいる。率直に述べると、「見分けがつかない」のである。そして、その大きな「混乱」にきちんと向き合い、小さな「理解」でも、成すべきだとずっと思っていた。<第九回現代短歌社賞>は「新人賞」にあたる。そこには、「新しさ」が求められる。だが、選考座談会の過程を読み、「新しさ」とは何か、とも問いたくなった。

 受賞作品の、二作品は趣の全く異なるものである。一部、『冬芽』に「新しさがあるか否か」という点が上がっていた。私は、その意見に対して、解釈する側の裾野の広さによって、『冬芽』の「新しさ」が見え隠れするように思えた。ベテランだろうが世界観が定まっていようが、「目新しい」ものが果たして本当に「新しい」ものであり、整ってしまったものは「新しさに欠ける」ものなのか。

 結論から先に言えば、私は、「新しさ」というのは「進化」であると捉えた。それは、一人の人間が今ある自分の歌から脱皮し続ける、その様だと思う。

 その行為を支えるものの一つに古典があり、五七五七七の可能性を、古人がありとあらゆる技巧を駆使して前進してきた、その線上に、今日の「短歌」が在る。

 生きて行く為に「作歌」が必要があれば、今一度、「短歌」とはどういうものなのか。「詩」や「散文」とどこが異なるのか。その内省無くして、「進化」はあり得ない。「基本」を学ばずして、自分の叫び道具になったままでは、「目新しさ」だけで終わってしまう。「基礎」を地固めせずに、ざざっと傾斜を滑り降りる様な態勢のままでは、作歌はおそらく「続かない」であろう。

  『冬芽』にある「孤独」は、『静けさの冒険』にある「孤立」とは、異なる。

  「これが、短歌です」と言われた時に、私自身はそれに耐えうる歌を差し出せるのか。

 私は、口語短歌に、そういう向き合い方をし、し続ける。

 そう、「決意」、した。    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日の一首 ー 河野幸子

今日の日の溺るるごとき一人居の夕べ机を手に押して立つ

   河野幸子『八雁 通巻60号』(2021年11月号)p3

 「助詞」といえば、河野幸子氏が浮かぶ。玉城徹氏は「(短歌は)最後は人間だ」と仰ったそうだが、その通りだと思う。何かの場で、河野氏が「もう一度、添削を受けたい」と発言されたのを耳にしたことがある。それくらい、まだまだ足りないとご本人はお思いなのかと、胸に小さく射られたように、その言葉を聞いた。派手な歌は無い。巧みな語彙力も際立っては無い。穿った目線も無い。ただ、とても基本的な部分を丹念に守り通して作られている。だからこそ、「助詞の美しさ」はその正確さに裏付けられて、ほんの少しの日常の場面がしっかりとした歌に成って行く。こんなことが歌になるのか、こんなことを歌に出来たら、と思う場面を着実に詠われている。

 上記の歌が、そうである。下の句の「夕べ机を手に押して立つ」が滑り込む様に、何の引っ掛かりもなく、韻律の良さで、心に沁み通ってくる。そして、この「押して」が出て来る、丁寧な観察力、作歌姿勢。 気持ちの沈んだ時に、ここまで深く、自身の行為を追いかけることが出来るからこそ、何気ない日常場面を詠い上げることが出来る。

 「一日、一首」と何度も説かれたことを思い出す。

   追いつきたい、と思うならば・・・・・・。

   努力、しかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の一首 ー 工藤貴響(『角川短歌 (2021年11月号)-第67回 角川短歌賞発表』)

 角川短歌賞の次席(受賞該当作なし)に、工藤貴響さんが選ばれた。ここ半年の「八雁」でも、盤石な歌の力を感じ、一体、どうしたらこんなに成長できるのだろうと思っていたところの、吉報であった。

 もっと早くに、この事を書きたかったのだが、選考座談会にやや悶々とする気持ちを持ち、読み返すのが億劫になってしまい、今になった。

 五十首の内の打率、既視感の有無、技巧、幼い歌の有無、などが、一つの確認事項になっていると、私には思えた。

 その上で、今回の工藤さんの五十首をどう述べたら良いのか。

 そして、もしかしたら、工藤さんは「勝負師」的な側面を備えているのかも知れないと思い至った。ここぞという本番に自分の納得する力を発揮する。

 下記、遡るところ、五年前、「八雁」にて初めての「第一回 八雁短歌賞」を受賞したのが工藤さんだった。とある集いの場で、ご本人は「とても、驚いています。というのは、僕は(冊子「八雁」の)選歌でも最後に、一、二首しか載らないからです」と仰った。

 八雁短歌賞の件は、下記のサイトを引用しているので、資料としてご覧頂きたい。

 私が思うに、工藤さんの歌は「失点」が少ない。少なくなった。歌が上手くなった背景には、出詠数の多さは確かにあるだろう。たくさん作歌する過程で、打率が上がって行く。あるいは、上がるまで作歌する。そして、今の位置を踏み固めたように思う。一方で、どこか一つが惜しいと言えるならば、それは「挑戦的」、あるいは「実験的」な歌、作者の感情が作品からはみ出している様な、熱量、勢いをセーブして、安定感を得たようにも思う。

 でも、確実に力を得た。

 それで、十分なのだろう。

 一首、一首、全てが「作品」となっている。

 ただ、共感できたかと言えば、私が共感したのは、

 フランス語の寝言いいしと伝えくるひとはもうなく白む朝窓

のみであった。

 その他の歌は、若干、私には、読み手の思考回路を外側から塞ぐように言い包められた表現を感じるものもあった。

 つっかけのサンダル履いて出るようにきみの機体は飛び立ちゆけり

 万神殿(パンテオン)目路にとらえて大いなる鞭の撓えるごとき坂ゆく

 この二首は、作者の主観に傾いた比喩であり、面白そうではあるが、自己完結していると私は捉えた。つまり、詠いたい事にそって言葉を用意しているうちに、言葉が気持ちを上回ったのではと、感じた。

 私の経験不足なのだろうとも思っている。

 工藤貴響様へは、祝辞より先に、「本当に、有り難うございます」と申し上げたい。

 本当に、有り難うございます。

******************************

「第一回八雁 八雁短歌賞」(2016年)

受賞作 

      麦の一粒         工藤 貴響

両(もろ)の手に包む蓮(はちす)のやわらかき蕾は肉のごとくに緊まる

蓮池の夕闇せまるそのまなか閉じ遅れたる一輪が見ゆ

お互いの親のことなど話しつつ樺太シシャモの銀(しろがね)食い

大きかばん肩より提げて階段の夏の日差しを降りゆく君は

〈文学〉の名称のこる大学へ移り入りゆく而立のすぎて

絶ちゆきし生あんのんとわが裡に住まえるごとしこの七年は

地に落ちて死なざる麦の一粒のごとくに床(ゆか)にからだ伸べたり

道のべの蔓草ひと群吹きあぐる地下より生るるぬるき空気は

熱かえす舗装路の上に散りぼえる百日紅の花くるしくないのか

素麺の束投げられし鍋のなか湧き来る白き湯をおそれたり

身近な場所からグローバル化した現代の深刻な問題に触れる若者らしい抒情歌。

                          阿木津 英 評

 

文学として意識的に自分の世界を創っていこうという意欲を感じさせる作品である。

                        高橋 則子 評

 

全体として高水準の作品を揃え、さらに発展の可能性が感じられることから、確信をもって一位に推した

                      島田 幸典 評


十月からフランスの大学院に通うという工藤貴響。「受賞のことば」には「日本語から離れるタイミングで八雁賞をいただいたのも、短歌との縁かもしれません」と綴られている。

****************************

〈引用・参考文献〉

『角川短歌』(2021年11月号)

「八雁」(2016年11月号)p4-7

創刊五周年第三〇号記念八雁賞受賞作 「麦の一粒」 工藤 貴響: 暦日夕焼け通信 (cocolog-nifty.com)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本日の一首 ー 釋迢空

己斐駅を過ぎしころ ふとしはぶきす。寝ざめのゝちの 静かなる思ひ p452

十月に既(ハヤ)く 時雨の感じする雨あがり居つ。とんねるの外 p452

                『倭をぐな』

   釈迢空 釈迢空全歌集』(2016)角川ソフィア文庫

 

 私が最初に「釋迢空」に出会ったのは、現代短歌全集を読み始めた頃。「なんだこれは?」と言うのが、最も率直な感想であった。意味が分からなくて、余りにも分からず、息抜きに、同じ巻に名を連ねていた「渡辺順三」氏の歌を読みながら、どうしようもない気持ちで歌を眺めていた。

 時が過ぎた。2021年の10月より、再び、釋迢空に触れる機会がまわって来た。「もの凄い、逸材!」というのが、図々しくも再会時の感想となった。

 訳の分からない歌が、この上なく、美しい韻律を秘めた歌、になっていた。

 釋迢空の歌の特徴は、音楽の「付点四分音符」の様に、リズムを意図的に外して効果をもたらす、そして、それは、必ず成功している所にある。挑戦的な試みをしているのに、そこに、「遊び」はない。

 語順を変えることで、これ程までに、視覚的、聴覚的に、映えるように完成されている。そこには、己にしか成し得ない技巧、技法の域への追求の美学もあり、古典へ精通していた氏の、「納得する短歌」という掟を遵守した並べ方という、謙虚さもある。個を打ち出しながら、短歌の域を越えない一首、一首。

 自由に、自由に、と見えるが、より一層の短歌そのものの進歩への貢献を感じる。

 こんなにも、己を打ち出し、こんなにも、工夫を凝らし、こんなにも、完成美を感じさせる。

 どんなにか、孤独な、作業、であったのだろう。

 どんなにか、独りで、愉悦、したのであろう。

 つい、その創作過程に思いを巡らせてしまった。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の一首 ー (改・改め)『現代短歌 第87号』を読んで。

 『現代短歌 第87号』を読んだ。今特集は「BR書評賞」(ブックレビュー賞)である。一読して難しい内容で、抽象論も多く、尻込みをした。それから数日経って、ぱらぱらと何回か眺めているうちに、ようやく、「理解してみよう」「面白そうではないか」という気がした。それでも、それにしても、難しい。

 書評など書いたことが無い。分かる頁を探すと、BR書評賞を受賞された小野田光氏の「受賞のことば ー ストライクゾーン」(p16)に行き当たった。氏はこう述べている。

 

〈引用〉*******************

 心の底でほんとうに思ったこと、感じたことを、言葉で正確に表すことは不可能だけれど、その言葉を受け取った人は何かを思い、感じます。言葉を発した人の思ったこと、感じたことは、また違ったことを思い、感じているのではないか、とわたしは思います。

 社会で、特に近年、精力的に行われている言葉尻を捉えてのやり取りは、他者の前言を自らの都合のいいように解釈することに終始しているように見えるものも多くあります。これらのやり取りの前提には、自分も他者も思っていること、感じていることを言葉で正確に表すことができるという考えがあるのではないでしょうか。

 言葉のある世界に育ち、暮らしているわたしは、ある程度は言葉の利便性を信じていますが、社会的な意味での言葉の正確性より、そこに収まりきらないものごとのほうが大切だと思っています。言葉で伝えきれないものを、人間は言葉以外のあらゆる要素を用いて伝え合い、それでも結局は伝わり切らずに日常的に誤解し合います。そんな日々の中で、言葉では正確に表せないことを、少し形の違う言葉を用いて表そうとしている人たちが歌人なのだと、わたしは信じています。

 わたしは野球のストライクゾーンが好きです。〈略〉 見えないストライクゾーンに言葉を投げ込む歌人。それを打てるかどうか見極める読者。わたしは様々な歌集のストライクゾーンを書評で伝えたいのです。社会のストライクゾーンと違い、ほんとうのそれは決して単純化できないのだと伝えたいのです。

***********************

 

  読後に、そう言い切ってよいのかと疑問を持った点が二つある。「言葉のある世界に育ち、暮らしているわたしは、ある程度は言葉の利便性を信じていますが、社会的な意味での言葉の正確性より、そこに収まりきらないものごとのほうが大切だと思っています。」という発言である。続いて、「言葉では伝えきれないものを、人間は言葉以外のあらゆる要素を用いて伝え合い・・・〈略〉・・・言葉では正確に表せないことを、少し形の違う言葉を用いて表そうとしている人たちが歌人なのだと、わたしは信じています。」という箇所である。

上記について、分からなかったのは、

まず、「社会的な意味での言葉の正確性があり、その正確性に収まるものと収まりきらないものごと、とに分かれている」という発想。

次に、「言葉では正確に表せないことを、少し形の違う言葉・・・」という発想。この一連に用いられている「(三つの)言葉」はグラデーションのように作者の中では色分けされているが、読み手の私には統一感に欠け、理解がまだ出来ない状態にある。

 どうしてここに疑問符がついたかと言えば、「そう棲み分ければ、日常生活は楽になる」が、「日常生活において、なるべく、自身が最も大事にしたい『言葉』や『言葉遣い』、『文体』を、消さずに生きて行く」ことで、自分の言葉や自分の表現が、自然淘汰されて残っていくのではないか、と常々、私は思っていたからである。つまり、表現する言葉と社会生活における言葉を、二か国語のように、最初から分けて考えてしまって良いのか、ということである。

 私自身は、そこを如何に擦り合わせるか、割り切れない日々を過ごしている。何に対してどのように割り切れないのか。 

 それは、SNSを使ったやり取りである。

ものすごく便利な、『LINE』『ショートメール』、その他を挙げれば、Facebook、インスタグラム、Twitter、等の「文字で他者と『繋がる』機能」において、手こずっている。それは、私が過ごして来た青春、青年期には無かった時間である。そして、最も私が恐れているのは、その「インターネット上の言葉や言葉遣いの『感覚』」が、どの様に、作歌に影響を及ぼすのか、そして、読み手もその『感覚』をあらかじめ備えて歌評をする時に、どれくらい、意識しながら評するようになっていくのか、である。言葉と声は、もう、どんどんと、分断されているのではなかろうか。そうしたインターネット上で発する言葉や言葉遣いは、「口語」として流通し、現時点で言われる「口語短歌」へ、その「口語」が放流されっぱなしである様で、恐いのである。

 これまでの「五七五七七」三十一文字、の莫大な古典、文語が、この先どこかで、取り返しのつかない変化を強いられるかもしくは、圧倒的な底力で反発して来るのか。

 どちらがよいかに関して、絶対の正解は無い。自分と言葉の関係性、自分の発する言葉は、自分自身で加筆修正するしかない。価値観の異なる言葉遣いをする人もいるであろう。そうした機会に、自分の発する言葉を試行錯誤しながら、相手に届くように、何度も突破していく中で、自然と自身にとって真価ある言葉と言葉遣いが顕れてくるのだと、私は思っている。

 昨今、短歌は、「私記録性」、「一人称文学」という前提からズレが生じ、「作者」と「作中人物」が異なる事を前提に書評が書かれることもある。

 私は、そのどちらかに立ち位置を決めずに、両立、あるいは統合し、作歌していくことは可能なのではないかと、最近、思い始めている。ただし、それは、日常生活で発する言葉や言葉の選択を意識し、自分の表現(する言葉)と照らし合わせて、自分の言葉を磨き続けている限り、である。つまり、表現する言葉を日常生活になるべくは浸透させていく試みがあってのことである。時間も掛かるし、生真面目だとも言われた末の、「意味が分からない」と友達に言われるぎりぎりの所まで、私は、言葉を、日々、生活場面で、ストライクゾーンに投げ込み続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*当面の間、月曜日・木曜日を目処とした週二回の更新になります。何卒宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・